システム開発・運用なら株式会社ソルコム

社員紹介

ソルコムを選んだ理由

学生時代はプログラミングが好きで、将来はぼんやりとプログラマになりたいと考えていました。
就職活動の際には何社か面接を受けたのですが、廣井社長に「一から責任をもって育てます」と仰っていただき、ソルコムへの入社を決心しました。
学生時代は企業の良し悪しなどの判断は付けづらく、正直社長の人柄を信じた形になります。
現在は、優秀な先輩やかわいい後輩に囲まれたおかげで、社長の言葉通り日々の成長を実感しています。

社会にでてから10年以上、まだまだ勉強中です!

現在は後輩と2人で業務を行っています。
自分が新人時代に先輩にいろいろ教えていただいたので今度は自分が後輩に伝えられればと思っています。

様々な視野や考え方を自分の知識にすることができ、成長が実感できる

お客様先での業務はいろいろな会社の方と協力して作業をすすめることが多いです。
関わる人間が多いことは大変ですが、様々な人の技術や考え方に触れることができ日々成長していると実感できます。

システムであっても、作るのも、使うのもすべて人間

お客様先で業務をすると感じるのがソルコムの社名にもなっている「solidarity&communication(人間同士のコミュニケーション)」がいかに大事ということを痛感します。

業務をすすめる上で、個人個人の技術スキルが高いことも必要ですが、複数人で仕事をするにはお互いのコミュニケーションがちゃんとできていることが必要です。
逆にちゃんとコニュニケーションができていれば、個人で足りないスキルを他人が支えることもできます。

月に一度リーダー会を行い、情報共有や業務改善などを検討

ソルコムはお客様先での業務が多く社員全員が集まる機会をなかなか設けられません。
そこで業務内容に応じてグループ分けを行い各グループの情報や問題などをリーダーが取りまとめ月に1度のリーダー会で報告する体制をとっています。

Copyright c 2013 Solcom Inc. All Rights Reserved.